シングルマザーのシンプルライフ
女性の生き方・シンプルライフ

30代女ミニマリストの理想の部屋とは(子どもと二人暮らし)

広い部屋=理想の部屋とは限らない

広くて大きな部屋はきっと誰もが憧れますよね。

でも広くて大きなリビングダイニングやキッチンがあっても、モデルルームのような空間が手に入るわけではありません。

どんなに広々とした部屋でも、足の踏み場のないほどモノがあれば「汚部屋」となってしまいます。

あなたにとっての、心地良い空間・理想の部屋はどんなイメージでしょうか?

 

心地良い空間をイメージすると物を捨てる時に迷わない

子供のスペースがある・フローリングには物がない・部屋の隅にある山積みの物がない、など・・大きくて広い部屋がなくとも、モノが少ないだけで心地良い空間は作れます。

 

私の場合は、【部屋に置く家具は最小限に抑える。押入れの収納は物を敷き詰めるのではなく、余裕をもたせる】ことを意識していました*

そのため、別居前から持っていた7段もある大きなチェストは処分しました。

チェストを捨てて、代わりに衣装ケースに衣類を収納することにしました。

↓2個セットです

(Fitsは私も愛用しています)

 

 

〇子育てママへ:片付けの注意ポイント

〇子供を1番優先する

:細々としたものは子供が寝ているときに取り組みました

〇一箇所ずつ進める

:自分の服の整理に取り掛かると決めたら、自分の服のみを集めて整理をします。自分の服と子供の服をまとめてやるのはNGです

〇少ししか進められなくても落ち込まない

:なかなか予定通りに進まなくても諦めないでください。じっくりと物と向き合うことで、本当に必要な物・要らない物の判断が明確になっていきます。片付けを終えた後も捨てることへの基準が明確なので迷うことがなくなります

◎片付けは継続が大事

子育て中ですと、1日の内で片付けに取り掛かれる時間が限られてしまうかもしれません。

でも、少しずつ進められれば大丈夫です。

もしも手が止まってしまったり、捨てるか迷ったときは、最初にイメージした心地良い空間を思い出してくださいね。